限度額の増額審査における収入証明書の大きな役割

キャッシングやカードローンは収入証明書の提出をしなくてもできるものなのですが、収入証明書がないと利用できないサービスがあるのもキャッシングやカードローンです。

 

簡単に言うと、収入証明書の提出をしないで出来るキャッシングは利用限度額が限られていると言うことなんです。あともう少し借りたいと思ったり、利用枠を増やしたいと思ったりした場合には、収入証明書が大きな力になるのです。

 

限度額の増額も審査は行われます

 

収入証明書の提出をすることなく便利にキャッシングを利用できていても、もう少しだけお金を借りたいと思うケースがとても多いのがキャッシングです。

 

あまり知られていないことなのですが、利用限度額の増額は可能なのです。可能なのですが、もちろん増額を希望した全ての人は増額できると言うものではありません。増額の申請をすると、キャッシングに申し込みをした時と同じ審査が行われます。再審査によっては審査に通らないと言うこともあり得るのです。

 

収入証明書はどのように利用されるのか把握しよう

 

増額審査において収入証明書の提出はマストです。殆どの消費者金融は50万円を超える融資に対して、銀行カードローンの場合はケースバイケースですが、100万円を超える融資に対して必要になることがあったりします。

 

増額審査における収入証明書の提出は、増額がベースですから年収の再確認が一番のポイントになります。もう一つ勤務先が変わっていないかの確認にも利用されることもしっかり把握しておきましょう。

 

消費者金融では50万円以上は必須です

 

収入証明書の提出の有無は、キャシングやカードローンの利用にあたっては最重要ポイントであると言うことを知っておくとよいと思います。収入証明書って普段の生活の中では、すぐに用意できなかったり、いつでも手元にあると言うものではないからこそでもあるんです。

 

消費者金融でキャッシングを利用している方にとってはマストに近い必需品でもあります。消費者金融で50万円以上の融資を受けたい場合には絶対に必要になるものなので、しっかりと管理しておきたいものです。

 

実は総量規制が影響している

 

キャッシングの増額はもちろん、利用限度額の審査に大きな影響を与えるのが収入証明書になる訳ですが、なぜそんなに重要なんだと思いますか?その背景にある理由の正体は「総量規制」だからなんです。

 

総量規制は簡単に言うと、年収の1/3までしか貸し付けをしないと言うものですよね。当然ながら収入証明書の提出がない状態では、大きな金額を融資する訳にはいかないですよね。

 

貸し渋りでもなんでもなく、実は総量規制はユーザー視点でみたユーザーの為のものでもあるんです。借り過ぎなどで返済が滞るような事態を防ぐためのものでのあるからなのです。