収入証明なしで銀行カードローンを使い倒してみる

キャッシングをするときには自分の所得を証明するものとして収入証明が必要になると思っている方も多いのではないでしょうか。

 

確かに多くの金融機関はキャッシング時に収入証明の提出を求められますが、銀行カードローンは申し込み金額によっては必要のない場合も多いです。その理由を書いていきたいと思います。

 

銀行カードローンは少額では不必要

収入証明書が必要な理由は、申し込みを受けた金融機関が申込書の支払い能力を調べるために使われるためです。
特に貸金業法にかかわる消費者金融や信販会社は、法律で申し込み時には申込者から収入証明書の提出を求めることが義務付けられていますが、銀行カードローンは銀行業法のもとでのサービス提供になるので、その規制の対象にはあてはまらないためです。

 

銀行系のカードローンについては、各社で制限額は異なりますが、50万以内の貸付であれば、申し込み時に収入証明書を出す必要がある会社はないと言っていいほどです。

 

総量規制対象外が影響

消費者金融でお金を借りる際には、50万以上の借り入れや、他社の借り入れを含めて100万を超える場合には絶対に収入証明書の提出が求められます。これは総量規制という貸金業法で定められている法律で、収入の1/3以上の金額を貸し出すことは禁止されているためです。

 

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外となるので、収入証明の提出は各社ごとの判断となります。銀行は申込者に対して各社内での審査基準をもとに貸し出しを行うかどうかの判断をします。

 

収入証明の提出が必要となる借入金額は、各社によって異なるので、借りる際には、その会社のHPなどで申し込みにあたって確認が必要になります。

 

収入証明なしの限度額はどのくらいかチェック

収入証明なしで借りれる限度額については、一番高いといわれるのはスルガ銀行のカードローンになります。原則として最大500万円まで収入証明の提出の必要はありません。

 

その次に続くのは、オリックス銀行、じぶん銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行など複数社が限度額を300万円としています。
三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行などの都銀といわれる銀行は、各社によって異なりますが100万から200万を限度額と設定しています。

 

ただ、ここで間違えてはいけないのは、あくまで最高額の設定であって、借りたいと思っても誰もが上限金額まで収入証明書の提出無しで借りれるわけでありません。

 

各銀行が独自の審査を行うことで、上限金額を設定することになっていることを忘れないようにするべきです。