カードローン審査における収入証明の意義を徹底分析

カードローンを利用する時に必要になる物があります。それは身分証明書と収入証明です。自分の身分を相手に証明できる身分証明書がカードローン利用に必要なのはわかりますが、収入証明がなぜ必要になるのか、その理由がわからない人もいるのではないでしょうか。

 

収入証明はカードローンにどんな役割を果たしているのか。その存在意義を分析したいと思います。

 

審査においての役割とは何かに迫る

なぜカードローン利用に収入証明が必要なのか。それは、カードローン会社が「相手の返済能力を知る為」です。

 

カードローン会社も慈善事業でお金を貸しているわけではありません。あくまでも営利目的としてお金を貸しているので、相手にお金を貸しても返済されなかったらカードローン会社も困ってしまいます。

 

利用者が口頭で年収を言ってもそれが嘘で返済が滞ってしまった場合、カードローン会社も損をしてしまいます。その為、カードローン審査であらかじめ相手の収入を確認して、相手に返済能力があるのかをチェックしているんです。ただし、収入証明なしでもお金を貸してくれる会社もあります。

 

提出した時の恩恵はあるのか?

収入証明提出の最大のメリットは、カードローン会社が相手の返済能力に合わせたお金を貸付してくれる事です。
例えば収入証明提出なしのカードローンを利用した場合、自分自身の返済能力を見極めてお金を借りなければいけません。もし見極めが上手くいかずに自分の返済能力以上のお金を借りてしまったら、返済困難に陥り大変困ってしまいます。

 

しかし収入証明を提出した場合はカードローン会社が相手の返済能力をしっかり確認してからお金を貸してくれるので、返済能力以上のお金を借りる事はないのでそのような事態に陥る事はありません。

 

消費者金融は50万円以上は必須

近年、収入証明なしでお金を貸してくれるカードローン会社が多く存在します。大手の金融会社でも、収入証明なしでお金を借りられる会社は多いです。しかし消費者金融は、原則50万以上お金を借りるなら収入証明書は必須になります。

 

収入証明なしで50万以上のお金を借りられる消費者金融は存在しません。なぜなら、法律で50万以上のお金を借りる時は収入証明必須と決められているからです。その為、消費者金融で50万以上ののお金を借りたい時は、絶対に収入証明が必要になります。

 

総量規制との関係性を理解しよう

2010年に施行された総量規制は、収入証明とも大きく関係してきます。この総量規制は、個人が年収の3分の一以上のお金を借りてはいけないという規制です。つまり、年収300万なら100万まで、年収600万までなら200万までしかお金を借りられないという事です。

 

この結果、お金を借りる時は総量規制に違反しないように収入証明が必要になったんです。ただし、総量規制の対象外になる借入やローンなども存在しています。