主婦が夫の収入証明なしでお金を借りる裏ワザ公開

主婦がキャッシングをするのって無理なのではないか?申し込みできたとしてもハードルが高そう、と思われていることって多いようです。
仕事をしている兼業主婦であれば借りられるかも知れないけれど、専業主婦では収入もないのでお金は借りられないと思ってる方が沢山いると思います。ですが、兼業主婦でも専業主婦でもキャッシングをすることは不可能ではないのです。
しかも収入証明書がなくても申し込みできるキャッシングがあったりしますから、これはもう利用しない手はないですよね。

 

専業主婦の場合の申し込み方

収入のない専業主婦がキャッシングをしたいと思った時は、迷わず銀行系のカードローンを選択するようにしましょう。一見借りやすそうな消費者金融は総量規制と言う法律にしばられているのでなかなかハードルが高いのです。

 

ですが銀行系のカードローンは総量規制適用外なんですよね。イオン銀行カードローンに関しては、まさに専業主婦向けのカードローンサービスを全面に打ち出していて、収入証明書の提出が原則不要だったりします。
収入証明書の提出が不要の銀行系カードローンは専業主婦の強い味方だってことなんです。

 

身分書1枚あれば契約できちゃいます

銀行系カードローンは総量規制適用外だったり、収入証明書の提出が不要なところがあるからと言って、カードローンの審査が行われていない訳ではありません。
申し込みをすれば審査は必ず行われますからね。申し込みには最低限身分証明書が必要になります。

 

身分証明書は、運転免許証、健康保険証などが該当しますので、逆に考えると身分証明書1枚用意できれば専業主婦であっても申し込みができると言うのは、銀行系のカードローンは嬉しいサービスと言えますよね。

 

実はパート収入がある場合は選択肢が増えます

収入のない専業主婦の場合、キャッシングは総量規制適用外の銀行系カードローンがお勧めではあるのですが、総量規制が適用される消費者金融を手軽に利用できなかったりします。

 

銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が低いことから審査がきびしいと言われています。

 

専業主婦とまでいかないパート収入があるような主婦の方の場合は、金利は高めなものの審査があまりきびしくないと言われている消費者金融でのキャッシングを申し込むことが可能になってきます。お金のことですからね、選択肢が多い方がよいですよね。

 

オススメできない配偶者貸付について簡単解説

専業主婦がお金を借りるのに配偶者貸し付けと言う制度があるのをご存じでしょうか。夫の収入と主婦の収入を合算した年収の1/3まで借り入れを認めますと言うものなのです。
専業主婦で収入がゼロであっても、夫の収入の1/3までならお金を借りられると言うものなのです。

 

一見便利な制度の思えるかもしれませんが、この制度は配偶者の同意書が必要になります。
つまり配偶者に黙って、バレずにお金を借りることはできないと言うことになります。専業主婦であっても収入証明書の提出をしなくれも借りられるカードローンが登場している時代ですから、あまりおススメできない制度ってところでしょうか。