意外と厄介?使える収入証明書の正体意外と厄介?使える収入証明書の正体

消費者金融にキャッシングの申し込みをする時は本人確認書類の提出が必要となってきますが、借入希望額が50万円以上を超える時は収入証明書の提出も必要になってきます。
収入証明書を準備するのに意外と厄介な部分があるので見ていく事にしましょう。

 

どんなものが認められるのか確認しよう

収入証明書は審査の時の参考資料として使用され自分の収入を証明するものになるので該当する書類が適用されます。

 

収入証明書は会社で働いている給与所得者と会社など組織の所属していない働き方をしている個人事業主で異なってきます。

 

給与所得者は源泉徴収票、給与明細書、住民税決定通知書、課税証明書、所得証明書、納税証明書が収入証明書として適用されます。個人事業主は確定申告書、住民税決定通知書、課税証明書、所得証明書、納税証明書が収入証明書として適用されます。

 

消費者金融にキャッシングの申し込みをして収入証明書の提出が必要になったらどの書類が適用されるのかしっかり確認しておきましょう。

 

源泉徴収票を提出する場合の注意点

消費者金融にキャッシングの申し込みをして収入証明書の提出が必要になった時に給与所得者は源泉徴収票を収入証明書として提出する事が出来ます。

 

源泉徴収票は勤務先に連絡して再発行してもらうという形で準備する事が出来ますが、時間がかかる事があるので申し込みをする時に間に合うように時間に余裕を持って準備しましょう。
消費者金融によっては源泉徴収票を収入証明書として指定してくる場合もあるので源泉徴収票を提出しなければいけないという状況も出てきます。

 

その時も勤務先に連絡して再発行してもらいますが、勤務先にキャッシング利用経験がある人がいるとキャッシングする事が分かってしまう可能性もあるのでその点は注意しましょう。

 

給与明細書は意外と厄介な理由

消費者金融にキャッシングの申し込みをして収入証明書の提出が必要になった時に給与所得者が収入証明書として提出する事が最も多いのが給与明細書になります。

 

給与明細書の提出は直近1ヵ月分が基本になっていますが、給与明細書に住民税の記載がない場合は直近2ヵ月分が必要になってきます。
また賞与をもらっていて賞与明細書がある場合は直近1年分を提出しなければいけなくなります。

 

給与明細書は一番手軽の準備出来るというイメージがありますが、細かい指定がいろいろあるので意外と厄介な部分があります。給与明細を収入証明書として提出する場合はしっかり覚えておきましょう。

 

オススメの収入証明書を公開

消費者金融にキャッシングの申し込みをして収入証明書の提出が必要になった時に手軽に準備出来るのは給与明細書と源泉徴収票になります。
給与明細書と源泉徴収票は毎年発行されているので手元にある事も多く保管してあれば用意する手間も省けます。

 

オススメのの収入証明書は給与明細書か源泉徴収票になりますが、個人事業主の人は収入証明書として適用されません。
給与所得者でも個人事業主でも適用されてしかも手軽に準備出来るとなると課税証明書になります。課税証明書は役所の営業時間内であればすぐ入手出来る書類なので準備するのにも手間がかかる事なくオススメの収入証明書と言えます。