収入証明が無い!・・・避けては通れない在籍確認をクリアにする方法

キャッシング、カードローンをしたい時には避けては通れない勤務先への在籍確認。在籍確認が上手くいかないと、勤務実態が把握できなくて審査に通らない事もありえます。在籍確認を滞りなく行う方法を解説していきます。

 

確実に勤務先への連絡をしてもらうために

確実に勤務先への連絡をしてもらうためには、必ず自分が働いている部署への電話番号を申告する様にしましょう。会社の代表電話ですと混乱してしまい、代表電話に出た人間が居ないと在籍していないと答えてしまう危険性もあります。
代表電話は新入社員に多く取らせる事がありますので、無用な混乱は避けたいところですね。

 

加えて、部署の一番電話に出る人間に、銀行か保険会社の人間、もしくは知人から、会社名でなく個人名で連絡があるかもしれないので、取り次いでくれと一言言っておきましょう。投資マンションの営業電話と勘違いして、きかせて取り次がない事があります。予め用意しておく事により、確実に電話を取り次いでもらう様にしましょう。

 

派遣社員はどうすればよい?

派遣社員の方でも基本は前項と同じです。確実に取り次いでもらえる様に、根回しをしておくといいでしょう。ただ、派遣社員の方は、職業によっては勤務先の電話番号を外部に教えたりしてはいけない場合があります。

 

そういった特殊な事情で在籍確認が難しい場合は、申し込んだ担当者にその旨をキチンと伝えましょう。大体の金融機関で、社員証のコピーや勤務先名が入った源泉徴収票など、派遣会社への在籍の確認でキチンと勤務実態があるとみなしてくれるところもあります。

 

パートやアルバイト連絡時間のお悩み

パートやアルバイトの方ですと、週3日勤務だったりとシフトがハッキリしない事ってあると思います。そういった場合も担当者に伝えるといいでしょう。勤務日がわかってから、何日の何時頃に在籍確認の電話をお願いしますとお願いする事が出来ます。

 

勤務先が休日なら審査は通らない?

勤務先が休日の会社にお勤めですと、土日は電話をしても誰もいませんから在籍確認のしようがありませんね。
でも大丈夫です。実は法律上では在籍確認を電話で行う事というのは定められていません。(正確には消費者金融からの借入は貸金業法、銀行からの借入はカードローン、共に勤務先確認については定められていない。)

 

休日当日中にお金が欲しい時は、在籍確認は後日に行えないかをお願いしてみるといいでしょう。
大体の金融機関で、免許証の他に勤務先が確認できる保険証や、給料明細で在籍確認の代わりにしてくれる所があります。保険証なら退職していたら直ぐ返さないといけませんし、直近月の給料明細を持っていればその月まで在籍していたと証明できますからね。