収入証明なしで借りられる金融機関の番付表

キャッシングやカードローンで急いでお金を借りたいような時でも、収入証明書が用意できないことで融資を受けられないケースがあるのは、ユーザーにしてみたら大問題ですよね。
キャッシングやカードローンは収入証明書がないと申し込みできないのかと言うとそうではありません。
収入証明書なしでもお金は借りられます。そのあたりを掘り下げてみましょう。

 

提出不要で限度額が高いランキング

まず収入証明書の提出が不要でキャッシングやカードローンができる会社を、限度額でランキングしてみます。

 

堂々1位は二社で「三井住友銀行カードローン」と「じぶん銀行じぶんローン」が300万円を超える融資までは収入証明書の提出が原則必要ありません。次は3位が三社あります。「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」と「楽天銀行スーパーローン」と「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」でこちらは200万円を超える融資までは収入証明書の提出が原則必要ありません。
限度額が高いランキングとしてベスト5が出揃った訳ですが、五社とも銀行のカードローンであると言うことが共通しています。

 

消費者金融よりも金利が低い銀行のカードローンが収入証明書の提出なしで借りられる限度額が高いと言うのは意外ですよね。

 

いくらから提出を求められるのかまとめてみた

収入証明書の提出なしで借りられるランキングを限度額で発表してみましたが、今度は逆にいくらから収入証明書の提出が必要になるのかをまとめてみたいと思います。

 

消費者金融のキャッシング「アコム」、「プロミス」、「アイフル」は50万円を超える融資の場合に収入証明書の提出が必要になります。
この三社に関してはその他の条件として「他社を含めた借り入れ総額が100万円を超える場合」には収入証明書の提出が必要となっています。

 

と言うことは、例えこの三社のうちどこか一社で30万を借りた場合でも、他社の借り入れが70万円以上ある場合には収入証明書の提出が必要になってくるようなケースもあるということですよね。このあたりのことはしっかりと把握しておきたいものですね。

 

因みに「モビット」など金額に関わらず申し込み時に収入証明書の提出がマストの企業もあります。

 

銀行カードローンの提出不要の限度額が高い理由

銀行のカードローンが収入証明書の提出なしで借りられる限度額が高いのってなぜだと思いますか?これには法律が関わってくるのですが、賃金業法には総量規制と言うルールがあって、年収の1/3を超える貸し付けは禁じられています。

 

そしてこの総量規制が適用されるのが消費者金融のキャッシングなのです。高額の融資になればなるほど総量規制にひっかかってしまう可能性が高くなる訳ですから、必然的に、申し込み時、30万円、50万円を超える融資などの条件をつけて、収入証明書の提出をしてもらい、総量規制のルールからはみ出さないに調整していると言うことなのです。

 

逆に銀行のカードローンや融資に関しては総量規制の適用外なので、収入証明書提出不要で借りられる限度額が高い設定になっていると言うことなのです。

 

収入証明なしでお金を借りたい※まとめ

収入証明書の提出をしなくてもカードローンやキャッシングを受けられることを説明してきましたが、ざっくりでも理解していただけましたでしょうか。
基本的にはあくまで収入証明書を提出しなくても借りられる、、を前提に話してきましたが、逆に言えばそれはイレギュラーであって、融資のスタンダードは、収入証明書を準備しておくことでもあります。消費者金融であれば総量規制が最重要項目である訳ですし、銀行のカードローンにしても、設定された限度額を超える融資の際には収入証明書の提出が必要になります。

 

それらは全て、審査においてはユーザーの年収が一番の審査基準になっていると言う裏付けでもありますし、借り過ぎを避ける為のユーザー視点に立ったものでもあります。収入証明書の提出をしなくても借りられるではなく、収入証明書の提出をしなくても借りることができる融資もあると言う考えを持つことが重要になってくると言うことなのです。