収入証明なしの金融機関選択のアドバイス

キャッシングをしようとした場合、申し込み時にはほとんどの会社で収入証明の提出が求められます。収入証明は、申込者の返済能力を証明する基準の大きな判断材料になるものなので、金融機関にとっては非常に重要な書類となります。

 

しかし、収入証明が無くてもお金を借りれる金融機関も実はたくさんあるのです。その仕組みについて説明していきたいと思います。

 

スピード重視なら消費者金融をチョイス

消費者金融の幾つかの会社は、借入額が50万円以下であれば原則収入証明なしでも借りることができます。消費者金融のサービスの売りは、何よりも融資スピードの速さです。金利は銀行系のカードローンなどよりも割高に設定されている場合が多いですが、その分融資までのスピードは断トツのものがあります。

 

申し込みから審査を経て入金までに1時間かからないことも普通です。収入証明が手元にないけれども、その日のうちにお金を借りたい。と思っているのであれば消費者金融がお勧めです。

 

たくさん借りたいなら銀行チョイス

しかし、消費者金融で収入証明なしで借りれる金額のラインは50万円であるため、それ以上の額を借りたいと思うならば銀行系のカードローンをお勧めします。

 

銀行系のカードローンも各銀行によって審査基準が異なるために、収入証明なしで借りれる金額はまちまちですが、傾向的に都銀や地銀のカードローンは100万から200万、ネット系の銀行は200万から300万までの借り入れであれば収入証明の提出の必要がない場合が多いです。

 

他社借入があるなら銀行がオススメ

既に他社で借りているけれども、収入証明なしで借りたいという場合は銀行系のカードローンをお勧めします。理由は消費者金融や信販会社は総量規制という法律の基、貸出金額は年収の1/3までと決まっています。

 

そのため申し込み時点の審査で他社借入があることがわかってしまうと、収入証明の提出を求められてしまう確率が高くなります。一方銀行は総量規制の対象外となるので、他社からの借り入れの金額に関係なく銀行が独自で融資の判断をするためです。

 

おまとめしたい時は総量規制対象外で低金利の銀行

消費者金融や信販会社でも、おまとめローンの場合は総量規制の対象外となり、金額的にも通常の借り入れより多く借り入れることは可能ですが、金利では銀行のおまとめローンより高い場合がほとんどです。

 

また、当然ながら収入証明の提出が必要になります。一方銀行の強みは融資のスピードが消費者金融より遅くても、圧倒的な金利の低さがサービスの売りになっています。また、各銀行が設定している収入証明なしで借りれる限度額までの借入ならば収入証明も必要ありません。

 

おまとめローンを借りるときは必然的に借り入れの金額も大きくなるので、金利の差によって返済額にも大きな差が出てきます。おまとめで賢い返済をしたいならば銀行系のカードローンをお勧めします。